無題

たいした成果もなく、誘われるままにクラックやらボルダーやらアイスやら雪稜やらスキーやらをちまちまぼちぼちやっている週末。

 

いけば存分に楽しめるので、これが身の丈にあっていると思えばそれまでなのだが、そして誘ってくれる人がいるという状況が何よりの幸いなのだが、今の追従的な、現状容認的な、流れに身をまかせる的な山を続ければ続けるほど、自己表現としてのはっきりとした目標があってこそ主体的な、研ぎ澄まされた、生の充実を感じられる山登りができる、ということが鏡に映し出され、なんとももどかしく苦々しい思いを抱くことになる。

 

「これでいいのかもしれない」「無謀なことをする時期はもう過ぎた」という意識がしばしば脳裏を行ったりきたりするようになった。(しかしかつてそんなにたいしたことはしていない。)そもそも山に自らを注ぎ込むことにどれだけの“価値”があるのだろう。死んじゃあいけない。あくまでこれは遊びだ。山を自己表現のツールにするのは危険だ。

 

イブに剔られた話

大阪に来て業務内容が変わった。

という書き出しで、ここ最近の登山のことを書き出そうかと思ったら、流れに流れて眼鏡に対する恨み辛みをつらつらと記す文に堕してしまった。

とまれ、業務内容が変わったので、念願の土日休みを手に入れた。以前とは打って変わって山に行きやすい環境に…! と思ったのは業務もまだ試運転の2ヶ月ほどで、あっという間に残業街道に突っ込んでしまい、仕事終わりにトレーニングする余力もない今日この頃。特に2月からはヤバイ。

そしてこの暖冬のせいで冬山という冬山には八ヶ岳東面の上ノ権現沢〜ツルネ東稜にアイス混じりのバリエーションしにいったきりで、その他はちょいちょいクラックにいそしんでおります。しかしなにせ単身赴任の身。3週に一回は東京と大阪とを結ぶ新幹線に身を預けているので、思うように登る、とは行きません。

こういう状況を打破しようとするモチベーションというか気力が、バリバリやる人とは決定的に違うんだなあとか思いながら、無理して火傷するのは御免だし、現状楽しめる範囲でやるほかあるまい。

 

瑞浪でのクラックでのこと。エリアに入ってすぐのところに「秀則コーナー」があり、まあきれいなコーナークラックで、決まりやすいフィンガーとステミングをちょいちょいと続ける快適なルートなわけですが、その隣にピカッっと稲妻が走ったような割れ目があります。

瑞浪での代表ルート「イブ(5.11c)」ですね。はじめて瑞浪に行ったときは、「なんじゃこれ、これ登る人いるのかしら」と思ったほど薄いフィンガーサイズのクラックが続いており、気の遠くなるような思いを抱いたわけですが、この間行ったとき「これはいけるかもしれん」と急に思いはじめ、割れ目に指を添えてみるとジャストサイズ。男性の割に指の細い、というか肉の薄い僕の指とは相性が良さそうだ、とそう思った翌日にトライしてみました。

「11cオンサイトや!」と、実績もないのになぜか調子づき、取りつくこと3メートル。垂直に立つ壁はあまり腕への負荷もなく、「おっいけるいける」とナッツをセットしつつ、両指を第二関節までいれてロックします。フットホールドも拾えないこともない大きさだし、たいしてビビリもでない。「フーッ」とホールドに足を落ち着けて、呼吸を整えたところ、バッっと急に体が落ちました。一瞬のことで四肢のどこが疎かだったのかもわからない有り様。おそらくは足が滑っただろうて、決まってた右の指手が抜け残り、一気に体重の乗った指は岩角に食い込み、アイタタタタタタタタ。皮膚を越えて僅かに肉を剔る。剔れてボリュームダウンした右人差し指はクラックから掃き出され、ようやくロープに体重が乗った。「ナッツしっかり効いててよかった…」と思うやいなや、早速指先が大変痛いので敗退。止血止血。

その後もいくつかやさしいルートに手を出してみたけど、体が落ち着かず、ここに掛けないほど散々な出来。まだまだ先は長いなあ。

眼鏡とコンタクトレンズ

大阪に来て業務内容が変わった。

デスクワークは目に悪い。これまではクリアでダイレクトな視界を手に入れられるため、平生は好んでコンタクトレンズを使用していたのだけれど、パソコンと一日中にらめっこするのには大変分が悪く、異動してからみるみる視力が落ちた。

もともとかなり目が悪い方なので、生活に影響が出るとか視力が落ちてショックだとかそういうのはとうに通り過ぎたのだけれど、不健康な現代人を象徴するかのような事態に見舞われた我が身、さすがにまずいと思い、いやいやコンタクトレンズから眼鏡に代えてはや幾数月。

しかし眼鏡はやはりしっくりこない、フレームで縁取った視界はまさに写し絵。目と世界との間に1枚挟まれたレンズは、その厚みと屈曲の分だけ僕を世界から懸け離すようで、現実と表象とを無理矢理切り分けるような抑圧的な違和感を感じずにはいられない。

見ているものはあるがままではなく、像が作るイメージであることを眼鏡をかけ続けるかぎり意識的にさせられる。主観と客観。思考と現実。ああ忌々しき二元論

 

のような考えに高校の時分より囚われ、半ば強迫的に眼鏡を悪しものと思い、コンタクトレンズに依存しているものの、この数ヶ月コンタクトレンズに比べはるかに眼の負担が少ない。びっくりするほど違う。眼の疲れが少ないと身体の疲労の蓄積も少ないのか、残業をしこしこやって遅くに帰宅してもなかなかに余裕を持った部屋生活が送れる。クライミングジムにも意欲的に行ける。

業務中は縁に閉じ込められ鬱屈した思考になりがちなのか、冴えきらないのがややキズではあるが、眼が見えなくなっては敵わぬ。背に腹は代えられぬ。少しは眼鏡を見直そうと思うようになった。

 

蜘蛛の糸でアッセンダー

9月に行った山

たてしな山

前日0時に新宿を出発し、4時にサークル所有の山小屋に到着。あろうことか寝静まった現役生に憤慨する僕を含むOB達。勝手に自己紹介を行い、たたき起こして臭い酒を飲まし、依然寝ている輩には落書きの刑を処す。晴れて現役に疎まられるOBの一員となり、8時から蓼科山に登る。風呂に入ってとんかつを食べ昼寝をしたらいい頃合いで、事故渋滞に嵌り21時に帰宅。

八ヶ岳ではちっさいヤスデが大量発生していました。人生11回分ぐらいのヤスデを見ました。7年だか8年周期で地表に出てきて生殖活動を行う、そのタイミングだったようです。

It's only Rock 'N' Roll. But I like it, like it. It's so good.....


The Rolling Stones - It's Only Rock 'N' Roll (But ...

 

おしごとの転勤があって大阪に来ました。

もう前の更新から1年以上も立っていますね。ブログ同様僕も息をしていませんでした。私生活はここ数年幸いにめまぐるしいことこの上ないのですが、山登りは窒息死寸前です。

「誰かここから掬い上げて」と金切り声で叫びたい気分ですが、自分から動かないとなにも変わらないのは世の常、絶対的真理。8.3mmぐらいのロープが垂れているのがあちこちに見える。選り好みしていたら、ゴルジュに呑まれる、雪崩に埋まる。そんな人に頼る贅沢を期待している場合ではないのでした。かといって独りで歩くのはヌメった岩溝で突っ張り、腐った残雪の上をゆくに等しい。

これまでは休みが不定期で、そんな僕に同情して(同乗して)山に付き合ってくれた、連れて行ってくれたダンディな人にたまにたまにお世話になっていましたが、この10月からガラッと環境が変わったのでどうしたものか…。むしろガラっと変わった業務で溺れそうだ。

遠ざかりすぎたのか登りたい山がよくわからなくなって久しい。

 

備忘録

クラックは5.11までうちょっとか

フェースもそんぐらいか

右膝のスジがいたい

筋トレは大事だ

2014/9/17巻機山米子沢

最近はその筋の人に岩のワレメに挟まってヒィヒィいいながら登る遊びを教えてもらってます。こんにちわ。

まだまだ手慣れてないので、手をうまく差し込むのにも一苦労。痛いし怖いし嘆く我が身の技のなさ。コッソリ通勤電車の中でソコカシコに手を突っ込んで、来たるべき本番に備えてます。だんだんコツもわかってきました。

雨が降るとしっとりと濡れ、滑って滑ってとてもキマらないので、割合よく諦めてジム行ったりしてるんですが、そういう時こそ『古今和歌集』の掛詞的に岩の濡れるのに相同して哀しみの涙も増すばかりです。

募る思いを無機的な屋内ホールドにぶつけたところで、あの本物の手触りは感じられるはずもなく、無情に噎せる日々。僕が求めてるのは筋骨隆々の男女とわちゃわちゃする空間ではありません。そう岩肌です。

我慢ならない体は正直にもその手触りを求め、もはや触れればいい! そんな堕した欲望からはなからヌレヌレ、ヌルヌル、ツルツルの沢に向かいます。ああ愛しきスラブ沢。

行ってきました。巻機山米子沢。

広くともデリケートで甘美なライン。僕の予測をいともたやすく裏切るヌメリとその駆け引きの微笑。隠れた小さな隆起を頼りに攻め登る快感に他が勝るべくなく、次第に奥深くはまって行きます…

 

 

って妄想してた沢登りも諸般の都合で潰れました。一ヶ月山行けてねえ…

 

PUSH THE SOCIAL LIMMIT!!!!

 

 

ちょっとずつこれまで載せてなかった山行書いてきます。

12/24,25富士山(吉田口)

ちと最近身辺あれやこれや賑やかに慌ただしく続きまして、久しぶりの更新となりました。

もうもう腰が痛くてジムに行くのも一ヶ月以上サボタージュなへっぽこっぷり。身体もすっかりたるんできました。

 

で、またわかつりくんと山に行ってきました。今回は富士山です。

冬の富士山には学生の頃ほぼの毎年雪上訓練で6合目付近まで上がっていたのですが、今回はようやく頂上を目指して登ってきました。

 

僕らが現役だった頃に「OBの誰それさんが冬の富士山登るんだって」と聞けば、「僕が卒業する頃には登れるようになてるんだろうか、いや難しいだろうな…」みたいなことばかり思ったのだけれど、いざお仕事始めてみると少ない休みでそこそこのインパクトある山っていうのが、あまり見当たらない。

そして、学生の時分「山やってる」と言えば「富士山登ったんですか〜?」と聞かれるのは常。世間一般で富士山以外の日本の山なんてその名前はつゆ知られていないのだから、それはコミュニケーションの回路として至極真っ当であるのだけれど、だけども僕らは非常にもどかしい。

「いやーまだないんですよね(冬に訓練でなら6合目までならあるんですけど…)」

これである。回路切断。

もちろん先方は山に興味があるわけではない。会話を発展させるための、関係を継続させるための社交的なレスポンシビリティにすぎない。僕らとてその好意を無下にする訳にはいかない、だけども、、、登っていないものは登っていないし、登山は山の名前を登るものではないよなあ、と心の片隅に思う。

つまるところ、世間一般においてどうやら富士登山というものはツールとしてその価値があるらしい。山を趣味とする人にもそれぞれだが、対照的に名前にこだわって登る人は存外少ない。行為や出来事を楽しむのが先行するひとは結構いる。

 

ではなぜ登りに行ったのか。そう、僕らは社会に迎合したのだ。富士山に登ったという名前=価値を手に入れるために。

冬であるのは人が少ないからだ。渋滞する山は嫌いだ。

12/24,25であるのはヒマだったからだ。

 

暑がるわかつり氏。ちなみに今山行2日間、会話らしい会話はわかつり氏の兄たるパンジー氏が仕事を辞めるという話ぐらいしか記憶していない。1日目は7合目まで登ってテントを張って18:30には寝る。チキンを焼いた。風は夜の間だけ強かった。

f:id:kotsuziro:20131224110741j:plain

 

昼前の吉田沢と月。朝からほとんど風は吹いていない。最高である。

f:id:kotsuziro:20131225082503j:plain

 

山頂無風、無人。これはすごい。

f:id:kotsuziro:20131225112945j:plain

 

夜は氷点下何度まで下がったかわからないほど寒かったが、日中は概して熱いほど。汗をかかないようにするのに苦慮した。

下山は駆け下りるように。5合目から馬返しまで40分という快速ぶりを見せたわかつり氏であるが、靴擦れを悪化させ、汗だくになり、汗冷えし、たいそうつらそうであった。僕も疲れた。

 

登るか下りるしかないのだから実に単調であった。単調そのものであった。

山頂は広く深く、これは他にはない喜びがあった。登頂に関しては他の山と同じであった。辺りに見渡せる山がないのが寂しいと心に残った。

12/8八ヶ岳 阿弥陀岳 御小屋尾根〜行者小屋

今年の冬はなにをしようかな、どこに行こうかな、とは4月から考えていたもののいつの間にか12月になってしまっていた。なにも宛がない。環境が変わったこともあり、いったいどういう風に動けるのか想像がつかないし、そもそも今の自分になにができるのか、これもまた不安な霧のなか。

ただ、山に雪がついているというのに下界でじっとしている道理はなく、はやく触ってみたいのだ、行ってみたいのだ、というここ数年来の衝動は抑えがたいものがある。まずは少しずつ今の自分にでできることをやろう。しばらくのあいだ寝床から手を伸ばし電球をつける紐を探るのだ。明かりがついたら天上が見えるし、そこから天井裏に抜けられよう。なんにせよまだまだ暗がりはつづく。

 

濁茶。

2013/12/8

メンバー:わかつり、僕

茅野駅集合1:00

茅野駅出発5:00(タクシー)

船山十字路発5:50

阿弥陀岳10:00

阿弥陀岳発11:00

行者小屋発12:00

美濃戸口着14:20

 

22:00の新宿発中央道茅野下車のバスは満席。タイムリミットは21:00新宿発の特急あずさである。こんな日に限って仕事あがり直前にミーティングが入った。職場をでたのが20:40。新宿駅構内をザックを背負って駆け抜けるも丸ノ内線からJR線への乗り換えが1分とは人力では不可能だ。

ケセラセラ

22:00のキャンセル待ちを入れておいて、マックで晩飯。松本行きのバスに乗りみどり湖下車、タクシーで茅野というルナティックムーブメントも当のKOバスで働く友人から提案されたが、あんまりだ。

ケセラセラ、無事キャンセルが出た。

 

茅野駅ではわかつりくんが寝ていた。少しお酒を飲んで就寝。

 

朝起きてからの支度が異常に非効率的であった。今期冬山一本目だからというのもあるが反省。

雪がない。ほとんど森林限界越えるまでさびれた樹林帯を登る。眠気眼にたいして会話もはずまないなか、まどマギ劇場版の変身シーンは明らかにプリキュアのそれを踏まえているとわかつり氏が力説。僕は健全に育った成人男性なのでプリキュアには興味が無いが、まどマギはやぶさかではないのでウンウンと聞く。

f:id:kotsuziro:20131209195327j:plain

程なく阿弥陀岳山頂につく。風穏やか&ピーカン、雪少なしという条件なので拍子抜けするほどあっさりである。ちょうどピークではB会のパーティが着いた頃で若干歓談。わかつりくんはツイッターアカウント特定されていた。

大学時の後輩が登ってくるのを知っていたのでしばらく待っていた。30分ほど待ってまだこないのでわかつりくんと北稜が合流するとこまで身を乗り出してみると、あと少しのところにいた。

「おっ!」

「ぱ!」

と連呼し、学生時代からのお決まりの反応を期待したが、

「邪悪◯☓、プリキュアになりた〜い!!!」(セリフのようである)

とザイルワークの合間合間に謎の奇声が飛んでいる。やばい。僕らの合図は聞こえていないようだ。

阿弥陀岳山頂に4人のプリキュアが現れた。

f:id:kotsuziro:20131208110842j:plain

真ん中が特にキテる。

 

さくっと下山。行者小屋でS大山岳会にも逢う。今年2月、実働25日、予備日10日というぶっ飛んだ彼らの南アルプス周遊中に北沢峠で会って以来だ。その計画自体は僕らが会った直後にわけあって下山したとのことだが、相変わらず楽しそうでいいとこのよう。

2人で茅野駅の古時計という喫茶店で飯を済まし(結構美味しい)、わかつりくんは翌日仕事のためすぐに帰り、僕は翌日暇なので「そっか(茅野から新宿へ帰るとき松本へは)途中下車なんだね」という不可解な地理知識を持つ友人のいる松本へ寄って帰る。

 

楽しい山行には違いなかったが、やはり冬山は山中で一泊はしたいなあというのともう少し雪があったらなあという、もどかしさが強調された。ふむ。

f:id:kotsuziro:20131208094125j:plain

(摩利支天から阿弥陀岳へ